完治のためには|双極性障害の治療はお薬で|1人で悩む必要はない

双極性障害の治療はお薬で|1人で悩む必要はない

完治のためには

赤色とピンクの錠剤

梅毒は決して完治しない病気ではありません。しかし、治療をすれば簡単に治るというものでもありません。
梅毒は性感染症の中でも完治が難しく、治療に時間がかかる病気です。
というのも、梅毒は感染してから症状が現れては治まる…ということを繰り返します。しかも、症状が現れるたびに強くなります。症状が進行してしまうとどんどん治りにくくなってしまうので、早期発見早期治療が大切です。

梅毒の治療方法は、薬物療法です。
現在、梅毒治療に有効と言われているのはペニシリンという成分が配合されたお薬です。完治するまで服用する必要がありますので、長期的な治療が必要になると考えておきましょう。
初期の段階で梅毒の感染が発見できた場合でも最低2~4週間の治療費期間を必要とします。感染から2年以上経過している場合には8~12週間の治療期間が必要です。ただ、感染してから10年以上経過してしまっている場合には完治が難しく、治療できたとしても後遺症が残る恐れがあります。

自分は梅毒に感染していない…と思いこんでいても、実際には感染していることもあります。そのため、不特定多数の方と体の関係を持っている、持ったことがあるという方は一度検査をしてみることをおすすめします。

検査をするのに病院へ行くのが恥ずかしい…という場合には、個人輸入代行サイトで検査キットを注文しましょう。
検査キットはセルフチェックができますので、誰にも知られることなく自宅で感染の有無を調べられます。